イベントガイド

イベントを探す!

大和紡績 生誕120年の歴史 展投稿

画像
▲クリックで拡大

 現在の場所から南東側一体は、かつて日本の近代産業を支えた大規模な紡績工場があった場所です。創建時の紡績工場・大和紡績は、明治30年に地元の木綿業者や銀行家などの協力により、木綿の生産から製造まで自給自足を目的に誕生致しました。その後、摂津紡績、大日本紡績、ニチボー、ユニチカと変遷し、商工都・大和高田を築いてきた中心地がこの場所にありました。又、昭和24年には、高松宮宣仁親王が当地の紡績工場を見学され、昭和26年には、昭和天皇が見学されています。近代の大和高田に繁栄をもたらした紡績工場は、昭和52年に80年の歴史を歩んで閉じてしまいました。その後は現在の商業施設・文化スポーツ施設・住居棟の建築群が立ち並んで現在に至っています。今回の展示は、大和紡績が誕生して120年を振返る内容の展示と致しました。又、最近の調査により駐車場の地中より大和紡績・建設時のレンガが出土していますので合わせて展示をしました。

 展示目的は、観賞してもらい明治・大正・昭和を活きたまちの人々の歴史を紡績工場の歩みを通じて感じてほしい。大和紡績建設時に使用された煉瓦を見て、大和高田の近代の発展や意気込みを感じ、今後のまちの活性化に繋げていく思いをもってもらいたい。
【日時】 2月22日(水)〜3月22日(水)
【場所】 オークタウン大和高田 にぎわい大和高田 歴史展示コーナー1階
(大和高田市幸町3-8)
【料金】 無料
【問合せ】 E-mail:yos0623@ezweb.ne.jp(吉岡まで)
【備考】 休み火曜日
【参考URL】
※上記の内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※掲載内容の変更依頼の際はイベント名開催日時を書いてこちらまで。



トップページ会社概要広告の掲載事業紹介ご利用の注意事項サイトマップお問合せ


当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。