イベントガイド

イベントを探す!

奈良大学蔵四天王像さとがえり公開投稿

行基伝承の四天王が約150年ぶりにおさとがえり

画像
▲クリックで拡大

奈良大学文化財学科の修復実習での修理過程で、広目天・多聞天像から「菅原寺」の墨書銘が発見され、四天王像がかつて、行基ゆかりの奈良時代の菅原寺(現 喜光寺)にまつられていたことが判明しました。
像内から、江戸時代に修理された際に書かれたとみられる「菅原寺」の墨書のほか、「行基大菩薩御作」等の墨書銘文が発見されており、当時、この四天王像に行基作の伝承があったことが推測されます。
この四天王像は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて制作されたもので、何度も修理を受け今日に伝えられました。
明治時代以来150年ぶりに喜光寺で、四天王そろってのさとがえり公開が実現します。
【日時】 5月2日〜9月2日
拝観時間 9:00〜16:30
【場所】 喜光寺(奈良市菅原町508)
【料金】 境内拝観料 大人500円 小人300円
【問合せ】 tel.0742-45-4630(喜光寺)
【備考】
【参考URL】
※上記の内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※掲載内容の変更依頼の際はイベント名開催日時を書いてこちらまで。



Web版リビングダイヤル 【 お知らせ 】  カウンセリング無料相談会 広告掲載案内

トップページ会社概要広告の掲載事業紹介ご利用の注意事項サイトマップお問合せ


当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。