イベントガイド

イベントを探す!

第85回企画展 Osaka Metro開業1年「大阪市営交通114年の軌跡」投稿

画像
▲クリックで拡大

古くから“水の都”と呼ばれた大阪市において、明治36年、日本で初めて公営の電気軌道(路面電車)として大阪市電が開業しました。大阪市は民間企業ではなく自ら電鉄経営を行うことで計画的な都市整備を行うとともに、その収益を道路拡幅や橋梁新設・架け替えなど都市整備に活用する「市営主義」を推し進めたのです。その後、昭和2年に市営バス開業、昭和8年には地下鉄を開業し、戦時中は大きな被害も被りましたが、徐々に地下鉄の路線を延ばしました

やがてモータリゼーションの進展に伴って昭和44年に市電を廃止し、翌45年の万国博覧会開催時には現在の形に近い地下鉄網が完成しました。

大阪市は行政改革の一環として、平成30年に大阪市交通局の事業を大阪市高速電気軌道(地下鉄・ニュートラム)と大阪シティバス(市営バス)に引き継ぎ、大都市の公営交通として初めて完全民営化が実現しました。

本展では、乗車券や路線案内図、鉄道部品などからその114年の歩みをたどり、市民の足としてだけではなく、大阪の街を形づくったと言える市営交通が与えた影響と意義について紹介します。
【日時】 10月9日〜12月2日
(休館日:10月15日・29日、11月5日・12日・19日)
【場所】 天理大学附属天理参考館
【料金】 大人400円、団体(20名以上)300円、小・中学生200円(学校単位の団体は無料・事前申込が必要)
【問合せ】 TEL.0743-63-8414
【備考】
【参考URL】 https://www.sankokan.jp/news_and_information/ex_sp/sp085.html
※上記の内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※掲載内容の変更依頼の際はイベント名開催日時を書いてこちらまで。



Web版リビングダイヤル 【 お知らせ 】  結婚相談は ひらはたへ 広告掲載案内

トップページ会社概要広告の掲載事業紹介ご利用の注意事項サイトマップお問合せ


当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。