スニーカーにはきかえて

インデックスに戻る

角刺神社(葛城市忍海)

日本の歴史において最初の女帝は推古天皇と言われている。かの聖徳太子が摂政を務めたという飛鳥時代の天皇である。しかし、彼女よりも前に葛城の地で政(まつりごと)を行った女性がいると知り、角刺神社を訪れた。

日本書紀によると、飯豊青皇女(いいとよあおのひめみこ)は2人の弟が天皇の位を譲り合い、長く位につかなかったため忍海角刺宮で政を行い、自ら忍海飯豊 青尊(おしみいいとよのあおのみこと)と名乗った、と記されており、近鉄忍海駅からほど近い角刺(つのさし)神社が角刺宮跡と伝えられている。

飯豊青皇女は履中天皇の娘または孫、または位を譲り合ったという顕宗(けんぞう)・仁賢(にんけん)天皇にとっては叔母または姉(妹とも)といろいろな説 がある不思議な女性である。はるか古代の話であり想像するのは難しいが、履中天皇の甥が雄略天皇であり、5世紀に中国に使いを送ったという「倭の五王」の 時代である。

日本書紀や古事記は彼女を天皇としては記していないが、後世には彼女を天皇とする歴史書もあるという。葛城市歴史博物館学芸員の田中慶治さん(44)によ ると昔の天皇の名前には鳥の名前を意味するものが多く、飯豊には白フクロウという意味があるとのこと。また日本書紀には彼女が男性と一度しか関係を持たな かったという記述があり「いいとよさんが巫女的な存在だったことを示しているのでは」と田中さんは親しみを込めて話す。
角刺神社の本殿は、昨年秋に地元の住民により建て替えられた。また境内には忍海寺、お地蔵さん、庚申さん、お稲荷さんといろいろ祭られており、神仏習合の形式が残った貴重な神宮寺でもある。

訪れた日、鳥居や拝殿、狛犬などに真新しいしめ縄が飾られていた。「地域のコミュニケーションの場になっています」と話す浅野晃さん(59)はほぼ毎日神社にお参りしているそうだ。しめ縄も地域の人々による手作りとのこと。
  浅野さんの話を聞いていると、日本史上最初の女帝かもしれない女性に思いを馳せると共に、現代の神社がしっかりと地域をつないでいることに寒い冬の日、暖かい気分になった。    (久)

写真

角刺神社の北西にある
「飯豊天皇埴口丘陵」

写真

集会などにも使用され、
しっかり地域に根づいている

地図

角刺神社

葛城市忍海