スニーカーにはきかえて

インデックスに戻る

葛城市相撲館けはや座と當麻蹶速の塚(葛城市)

今何かと注目の大相撲。初場所千秋楽の優勝争いは見ごたえがあり、久しぶりにテレビの前で熱戦を観賞した。葛城市當麻には、相撲の開祖と言われる當麻蹶速の塚がある。相撲の歩みを知るため、改めて発祥の地をたずねることにした。
近鉄當麻駅から西へ200m、ちょうど駅と当麻寺との中間地点に塚がある。日本書記によると、相撲の始まりは、當麻蹶速(たいまのけはや)と野見宿禰(のみのすくね)の力比べと記されている。
―當麻には、當麻蹶速という生まれつき力が強い男がいて、常日ごろから「この世で自分と互角に力比べができるものは存在しない。もしそのような人物がいた らぜひ、その人物と力比べを行いたいものだ」と豪語していた。そこで天皇は力が優れている野見宿禰を出雲の国から呼び寄せ、対戦を行わせた。その結果、蹶 速は宿禰に敗れた―
塚の石塔は鎌倉時代の様式で、その脇には昭和に入り建てられた石碑が並んでいる。案内版には、「勝者必ずしも優ならず時には勝機や時運に恵まれず敗者とな ることもある。勝者に拍手をおくるのはよい、だが敗者にもいっきくの涙を涙をそそぐべきではないか」と刻まれている。敗者となった蹶速だが、素朴で野性的 な性格が地元の人には親しまれているのだ。

すぐ横にある相撲館は平成2年に開館。約1万点の資料を保有し、郷土力士に関する資料も充実している。「大阪場所がある時などは、県外の相撲ファンの方が 立ち寄ってくださいます」と同館の小池弘悌さん(40)。中央には、約40トンの赤土で作られた本場所と同じ大きさの土俵があり、年に数回、わんぱく相撲 や子ども向けイベントなどで取組が行われている。上ってみると非常に硬くて頑丈。これなら体重100kgの力士がぶつかりあっても、確かにつぶれないだろ う。
2階には、歴史年表やかるた、メンコ、双六などの相撲玩具が並ぶ。値段が「30セン」と書かれた戦前の雑誌も興味深い。今でこそさまざまなスポーツを楽しむ時代になったが、昭和初期の子どもたちにとって"お相撲さん"は憧れの存在だったのだろう。

蹶速と宿禰の力比べから、気が遠くなるような時を経て、今もなお相撲は多くの人々に愛されている。近ごろ、角界にまつわる残念な出来事を耳にする機会が増 えたように思うが、相撲にはまだまだ夢と希望がいっぱい詰まっている。蹶速に誘われてこの地を訪れ、相撲の魅力を再発見した。     (真)

写真

塚は當麻蹶速の墓と言われている

写真

4〜5月、ボタン祭りのころには
観光客でにぎわう

地図

けはや座

葛城市當麻