スニーカーにはきかえて

インデックスに戻る

大和民俗公園 (大和郡山市矢田町)

タンポポじゅうたんだ―。遊びにきていた園児たちが、はしゃぎながら黄色に染まった広場を元気に走り回っている。見ているこちらまで、走りたくなるほど心地よい空間だ。大和民俗公園は、近鉄郡山駅から車で数分のところにある。矢田寺で有名な矢田丘陵の一角、住宅街の近くで、26.6haの敷地を有する。入口近くには開館30年を迎える民俗博物館があり、その東西南北、そして中央に里山が広がっている。

訪れたのは快晴の日。青空の下、緑の木々は前日の雨で美しいグラデーションを見せ、まるで絵画のような春景色が広がっていた。人と里山のかかわりは深く長い。里山から生活に必要なものを手に入れ、手入れをすることで里山を維持してきた歴史がある。同園では、関西の里山に自生している植物をこの公園にも取り入れ、再現する試みを行っているという。同時に、「季節の畑」には苗を植え、茶畑で取れたお茶は博物館内で試飲することもできる。

園内には、江戸時代に建てられた民家がある。「町屋」「国中(奈良盆地)」「宇陀・東山」「吉野」と、4つのブロックに分け、9軒11棟を移築復原。今でも人が暮らしていそうな佇(たたず)まいは、大切に手入れがされているからだろうか。すべての民家で、週1回はかまどに火がくべられている。

里山内の散策路を歩くと、なんとも言えない自然の息吹を感じる。どれも個性的な形をした草花ばかりだ。力強い樹木もあれば、うっかり見過ごしてしまいそうな繊細な野草までさまざま。日ごろ鈍っていた感覚がよみがえってくるのは、木々のもつ不思議な力のためか。何より、街から車で数分のところに、こんなにも郷愁を誘う風景がある贅沢(ぜいたく)を実感せずにはいられない。(真)

写真

タンポポの咲く広場で遊ぶ園児たち

写真

重要文化財である旧岩本家住宅

写真

懐かしい煙の匂いが漂う

地図

大和民俗公園

大和郡山市矢田町545

TEL 0743・53・3171

近鉄郡山駅より奈良交通バスで約15分。

無料駐車場あり。

民家開館時間9〜16時。月曜休館。

5月下旬から6月中旬ごろまで花しょうぶ園が見ごろ。