特集

植物パワーを取り入れて元気に!


春は季節の変わり目で体調が崩れやすいとき。こんなときだからこそ免疫力が高まるといわれているハーブの力を取り入れてみませんか。食べて、飲んで、肌にふれて、心身共にパワーアップ!ハーブライフを始めてみましょう。

飲みたいハーブ

【生駒市】母乳育児支援ハーブ専門店 ハーブガーデンショップ ハーブを日常に取り入れて 食生活のアドバイスも

写真

免疫力を高めると言われるエキナセアや炎症を抑えるとされるエルダーフラワーほか、ネトル、カモミール、ルイボスティーなどをブレンドした、体調を崩しやすい今の季節に人気の商品。小さい子どもから年配の人まで飲用できる。

好みの味、香り、気分に合ったカウンセリングブレンドも

20年前、妊娠中や母乳育児の支援のためにネットでハーブの販売を始めた同店。実店舗も開き、妊娠中や授乳中に限らず、さまざまなニーズに応じたハーブを提供しています。

同じ症状でも人によって原因は異なります。また体質によって合うハーブも違います。同店ではハーブ診断も実施。それぞれの希望に合うカウンセリングブレンドも提供しています。「普段のお茶代わりに、ハーブティーを取り入れてほしい」と店長の服部紗希さん(46)。食生活アドバイザーでもある服部さんはハーブにとどまらず、食生活を見直すアドバイスも行っています。

写真
通販でもカウンセリングブレンドも可能。まずは基本を試してほしいとのこと。
住所 生駒市小瀬町720-86
TEL 0743・76・2378
HP https://www.e081.com
Facebook https://www.facebook.com/herbgardenshop/
営業 10時〜12時・13時〜17時
定休日 土日祝日
駐車場 1台
備考 生駒市アンテナショップ「おちやせん」、田原本町の道の駅「レスティ唐古・鍵」などでも購入できます。
地図

【天理市】sugar vine(シュガーバイン) 体験型薬草セラピーで植物との共存を体感

写真

天理の店舗と通販で、自家の畑を中心に宇陀で栽培した薬草を「大和ハーブ」として販売。自然豊かな故郷の室生では体験型薬草セラピーを実施している。

室生の畑で薬草栽培 大和ハーブとして販売

「私たちは植物と共存しているということを体感してもらいたい」という薬草ガーデンマスターの岸田好永さん(57)。宇陀の自然の中で野草を摘んたり、薬草の天ぷらを味わったりする体験型薬草セラピーを行っています。また宇陀市室生にある標高660mの畑で薬草も栽培。清浄から乾燥、ブレンド、梱包まで一貫して行い、「大和ハーブ」として店舗とネットで販売も。4、5月は自律神経を整える効果が期待できる「季節の和と洋」1100円(税込)がラインナップ。陰陽五行に基づいた薬草の使い方やリラクゼーションの方法などのアドバイスも行っています。

写真
天理のショップは予約制で対応している。
住所 天理市二階堂上ノ庄町117-4
TEL 090・8883・7509
FAX 0743・64・2073
Facebook https://www.facebook.com/sugarvine.nara/
Instagram https://www.instagram.com/sugarvine1230/?hl=ja
営業 10時〜20時(予約制・予約はメールで)
E-mail sugarvine1230@gmail.com
駐車場 あり。
備考 体験型薬草セラピー5時間7000円(食事代別)〜
地図

【田原本町】マルシェ養生庵 個々の好みに合わせて ハーブブレンド

写真

今の季節に合わせた「春の養生茶」をはじめ、目的別にブレンドパックしたハーブティーが約10種類。個々の好みに合わせ、ブレンドも行っている。漢方アドバイザー考案の養生ランチも好評。

東洋医学の考えに基づき漢方アドバイザーが提案

「子どものころから母の故郷である飛騨高山の野山を歩き、野草摘みをしたりして、植物に親しんできました」というオーナーの西垣亜希子さん(45)。家族の体調不良や自らの病気を経験し、20代からメディカルハーブを勉強。漢方アドバイザーの資格を取得し、今の店を開きました。「10人いれば10通りのブレンドをします」というように、約100種のハーブから個々の心身の状態や好みに合ったハーブティーをブレンド。飲んだ後のフォローもしています。また季節のブレンドティー(50g1500円・税別)を含め常に10種ほどのハーブティーも販売しています。

写真
庭を眺めながら養生茶440円(税別)も味わえる。
住所 田原本町阪手198-6
TEL 0744・34・3737
HP https://www.marche4040.jp/yojyoan
営業 10時〜17時
定休日 水曜日(臨時休業あり)
駐車場 あり
備考 養生ランチ1500円(税別)は前日までに電話にて要
予約。
地図

【明日香村】森のカフェ 自然療法の考えに基づいて 200種以上のメディカルハーブ

写真

地元産の新鮮な野菜や米にこだわった「養生プレート」1800円(税別)は食前と食後のハーブティー付き。食後は美肌やリラックスなど目的別に5種類をそろえる。
※季節によって内容が変わる。

オリジナルブレンドも好評 ハーブやアロマの講座開講

自然療法を学ぶ「森の学校」の直営店。自然療法とは自然界にあるものを用いて心と体のバランスを整え、自然治癒力や免疫力を高めることを目指す方法。飲み物の中心はハーブティーで、店内には200種以上のメディカルハーブが並び、自然療法士が個々に合わせたハーブティーをブレンド(要予約)。オリジナルブレンドのハーブティー650円(サーバー付き・税別)も20種以上そろえています。季節のフレッシュハーブティーは季節ごとに内容をチェンジ。またハーブやアロマの講座も開講しています。

写真
住所 桜井市山田800-1
TEL 0744・42・5566
HP https://mori-no-cafe.com/
営業 ランチ11時30分〜15時(L.O.14時)
ティータイム14時〜17時
定休日 月曜日
駐車場 あり
地図

食べたいハーブ・植物

【葛城市】寺口ファーム 道の駅かつらぎ店 桑を日々の生活にプラス 野菜嫌いでも手軽な粉末

写真

桑の葉を粉末にした「桑姫」と菊芋を粉末にした「菊姫」。この粉末を練りこんだソフトクリームは実店舗でのみ食べられる。菊芋ソフトは3月より発売を開始しGWごろまでの期間限定の商品。どちらも栄養豊富な食材。

栄養分豊富な桑の葉 粉末でさまざまなレシピに

かつて桑畑が広がっていたという葛城の地。その後荒れていた土地で、2011年から栽培されているのが食用の桑。桑の葉には栄養成分がたっぷり含まれており、特に血糖値の上昇を抑えるDNJが豊富。また食物繊維やカルシウム、鉄などが多く含まれています。

そこで桑の葉を粉にした商品を開発。苦みのない抹茶のような風味で癖がないため、野菜が苦手の人にもおすすめです。また保存が難しい菊芋の粉末も販売。菊芋は「天然のインシュリン」といわれるイヌリンという水溶性食物繊維でできており、糖の吸収を抑えて腸内の環境を整えるとされています。

写真
実店舗では「桑姫」「菊姫」を使ったソフトクリームやみどりのたこ焼き(期間限定)などを提供。いろいろな食べ方を提案している。
住所 葛城市太田1257番地道の駅かつらぎ内
TEL 090・9703・8536
HP https://teraguchifamu2016.wixsite.com/teraguchifa-mu
営業 9時〜17時30分(L.O.)
※道の駅の販売所は8時30分〜19時
定休日 正月のみ
駐車場 あり
備考 「桑姫」「菊姫」は道の駅かつらぎの農産物販売所で販売。HPから通信販売も行っている。
地図

【葛城市】寺田農園 新感覚マイクログリーン 華やかエディブルフラワ

写真

マイクログリーンは432円(税込)〜、エディブルフラワーは540円(税込)〜。どちらもインスタ映えすると評判。穀物のアマランサスもマイクログリーンに。エディブルフラワー協会認定の花だけを栽培している。

安心トレーサビリティ 成分充実で香り高い

生ハーブ生産者として実績ある寺田農園。名店のシェフたちのリクエストに応えるため、マイクログリーンも販売を始めました。種が持つ力のみで発芽させ、本葉が数枚になったところで出荷します。香りが高く、味が濃く、くせが少ないという特徴があります。セロリが嫌いな人も「これなら食べられる」という人もいるそうです。

またエディブルフラワー(食用花)も紫色はアントシアニンを含むなどそれぞれに成分があります。サラダにトッピングすると華やかになると評判です。

写真
安全な水耕栽培のマイクログリーンを説明する寺田さん。
TEL 0745・48・7755
E-mail harb@wteradafarm.com
HP http://www.teradafarm.com
備考 道の駅かつらぎ、まほろばキッチンなど。ネット通販もあり。

【東吉野村】深吉野よもぎ加工組合 無農薬で育てたヨモギ 成分生かした加工品に

写真
写真

深吉野よもぎ加工組合では、風呂用10パックと5パック、製菓用粉末・微粉末、飲用よもぎ茶・花穂茶・ティーパックの製品あり。価格帯も500円代〜900円代までさまざま。

ひよしのさと加工センター製造のヨモギ加工品は、よもぎ洋風ソース(600円税込)、よもぎもち、よもぎパウンドケーキなどもある。


標高340mのヨモギ 食べてよし飲んでよし

東吉野村鷲家は、昔から弘法大師の恩恵を受けたアクの少ないヨモギが生えると言われてきました。「昔は体が弱かった」という深吉野よもぎ加工組合長の岡本輝雄さん(76)は、ヨモギをお茶にして飲み続けて21年。「顔色が良くなり、ヨモギから元気をもらった」といいます。村民にも元気になってほしくてヨモギを栽培。お茶や粉末に加工し製品を作っています。その評判は広がり全国からオーダーが入ります。

また小さな道の駅「ひよしのさと加工センター」では道の駅に訪れる人に向けて、深吉野ヨモギを使ったオリジナルソースやお菓子を作っています。

写真
40アールのヨモギ畑。草引きやモグラ対策に手をかけている。

深吉野よもぎ加工組合

TEL 090・8934・6309
備考 ヘックスハイブ、道の駅レスティ唐古、まほろばキッチンなどで販売。

小さな道の駅ひよしのさと

住所 東吉野村鷲家224
TEL 0746・42・0153
地図

肌にふれたいハーブ

【奈良市】jiwajiwa(チアフル) 無農薬で無化学肥料 自然素材100%入浴料

写真

チアフルが販売するバスハーブjiwajiwaシリーズは吉野ひのき、ゆず・レモングラス、よもぎ・大和当帰葉、柿の葉・甘茶、びわの葉・ドクダミの5種類。合成香料なし。県内産のハーブを使用。新製品も考案中。

奈良の素材を活用 体の芯から温まる

かつて冷え性だったチアフル代表取締役の松本梓さんは、3年半前、大和当帰葉の入浴ハーブで体の芯から温まったことと、入浴剤ではなく気軽に使用できる物がなかったことで商品化を考えました。ハーブを無農薬・無化学肥料で栽培する人たちとの縁はもちろん、要介護の高齢者、障がいを持つ人たち、在宅ワークの人たちの力で製品になりjiwajiwaが広まっていきました。

jiwajiwaは全国約85店舗で販売。ヒノキ以外は2種類のハーブを組み合わせ香りに深みがあります。無添加なので赤ちゃんにも最適です。出産祝いの需要もあります。

写真
jiwajiwaは、ならまちにある西村亭のカフェでも販売。同店前の松本さん。
住所 奈良市花園町20西村亭内
TEL 0742・42・6268
HP http://www.jiwajiwa.jp
備考 東急ハンズ、大和郡山イオン・高の原イオンのイノブンなどで販売している。
地図

【桜井市】nannaのよもぎ蒸し 築200年の古民家をリノベーション 女性にうれしい効能

写真

自然あふれる山里にある古民家の蔵を改装し、オープン。よもぎ蒸しは、よもぎを煎じた蒸気で身体を温めることで冷えを改善し、さまざまな不調から解放してくれるという。

落ち着いた空間でリラックス 古民家は洋服のアトリエ

今年、築200年の古民家に隣接する蔵を改装し、話題のよもぎ蒸しが体験できる店としてオープン。よもぎ蒸しとは、よもぎを煎じた蒸気によって下半身から温める韓国の伝統的民間療法。身体を芯から温めることで体温を上げ、冷えを改善。リラックス効果によって自律神経を整える効果もあるといわれています。

「利尿作用によりむくみがなくなったとか花粉症などのアレルギー症状が改善され楽になったなどの声も聞きます」と話すオーナーの金川裕美子さん(45)。デトックスウオーターとハーブティー付きで1回3000円(要予約・税込)です。

写真
中は時間を忘れてゆっくり出来る異空間
住所 桜井市高家774
TEL 070・5342・0915
Facebook -
Instagram
営業 10時〜20時
定休日 不定休
駐車場 あり
地図

ヨモギアレンジ「飲む」編

日本の春の味覚に欠かせないヨモギ。血液をサラサラにし、冷え性や貧血予防などの働きがあるといわれています。また利尿作用があり、老廃物を排出して新陳代謝を高める効果も期待できるため、食を中心に多用されています。

◆よもぎ茶
1リットルの湯に洗って乾燥させたヨモギ10〜15gを入れ、弱火で15分ほど煎じて出来上がり。お茶と湿布に使い分けできます。お茶は基本温めて飲み、吐き気があったり、鼻血のときは冷やしてください。
◆ホットよもぎ酒
乾燥よもぎ10gホワイトリカーまたは日本酒540ml(約3合)を鍋に入れ、沸騰したら弱火にして20分ほど煎じます。(「まあまあ農園」の上田かおりさん

このページの内容は2020年4月3日現在のものです。




Web版リビングダイヤル 【 お知らせ 】  結婚相談は ひらはたへ 広告掲載案内

トップページ会社概要広告の掲載事業紹介ご利用の注意事項サイトマップお問合せ


当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。
このページのTOPへ